オンラインカジノとギャンブル日記④

ギャンブラーの性格
私の高校時分は、諸事情あって普通校ではなく

夜間学校に通っていましたので、

クラスメイトには一つ二つ学年が上の人や、

年の離れたおばさんたちと一緒に勉学に励んでいました。

ある日、二つ学年が上のヤンキー風の怖そうな男子学生に

ちょっと金を貸して欲しいと言われました。

と言っても、カツアゲの類ではなく、頼むから貸して欲しい、

と、懇願するような言い方でした。

理由を訊ねると、パチンコやる金が欲しいとのことで、

最初は恐れていた私も拍子抜けしてしまい、千円だけ貸しました。

その人は他のクラスメイトにも無心していたようですが、

不思議とみな快く貸していたのを覚えています。

ギャンブルにハマる人はちょっとルーズな感じの人が多いですが、

どこか憎めないキャラクターなんですよね。

今彼がどうしてるのか分かりませんが、

きっと大好きなバイクを乗り回して、今日もどこかでパチンコを打っていることでしょう。

今度ふらっと会いに行ってみようかなと思いました。

競艇にはまってしまっていました
ギャンブルにのめり込むことは良くないと分かっていましたが、
私は競艇にはまってしまいまして、一時期、競艇に関するものなら何でも購入をしてしまい、
競艇ソフトや競艇的中マニュアルとかお金を出しての競艇配信とか、ありとあらゆるものを使い競艇生活を送っていました。

そして、コツコツと貯めたお金を競艇のために使い、
このお金を何倍にもするのだという気持ちで競艇に望むのですが、
勝ち続けているときは気持ちも大きくなって、掛金も大きくなり、
配当金も凄くて、調子に乗っているときは、この配当金生活がずっと続く
ような錯覚を受けてやめられないのですが、所詮ギャンブルですからいつかは負けがきます。

覚悟はしていてもやはり精神的にすごいダメージを受けて、もう辞めようと決心はするのですが、
また何日か経つと、損した金額を取り戻そうと競艇を初めてしまうのです。

最終的にはいつもプラスになっていたものがマイナスになってしまって、
結果的には大きな損失をしてしまうのです。ついこの間も、半年くらいやめていたのですが、
また競艇をやってしまい大負けをしてしまいました。今度こそはもう絶対にギャンブルはしないつもりです。

今思うことは、ギャンブルは怖いです。
最終的には相当な金額を失ってしまいました。

市内の競輪場で女子競輪が開催されると聞いて、
待ち遠しかったのですが、行って来ました。

ポスターではレースパンツを履いた可愛い女の子を見たのですが、生で見るのは初めてです。
金網越しに近くで見ましたが、男性にも劣らない大きな太ももで女性でも迫力がありましたよ。
女子の脚力では、ゴール手前での強烈な伸びは男子競輪ほどは無く、
後ろから追い抜く選手へのけん制など危険な動きも無いのですが、ホイールが風を切る音など見所があり、とても満足しました。

先日大きな決断をしました。
基本的にはあまりギャンブルはしないのですがその理由は簡単で、
ギャンブルってある意味確率との戦いですし、
しかも相手があるタイプのギャンブルの場合心理戦とか定石とかいろいろあり、
経験と研究がある意味ものを言う世界だという意識が非常に強いからです。

そういう意味では私にとっては、
人生自体が壮大なギャンブルだと思ってますので、
いろいろと仕事でもプライベートでも思い切ったことをやってチャレンジしているですが、
先日そういう意味では人生という大きなゲームですごく意味のある決断をしたと思ってます。

それが久々の転職で、
今は東証1部のかなり大きな会社に勤務しているので、
安定はしてますが、すごく大きく稼ぐということはかなり難しいとは思うのですが、
それではつまらんなあということで、退職届けを出して、すごく小さな会社ですが、可能性がすごくある会社への転職を決めました。

従業員で言うと今いるところは1万人以上いますが、
移籍先は4人なので、かなりギャンブルですが、絶対に勝ちたいと思ってます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ