オンラインカジノとギャンブル日記③

3日間開催の競馬
今日から3連休です。
私はどこかへ旅行へ行く訳でもなく3日間競馬場へ通います。
いつも連休は競馬三昧ですが終わってみると、
旅行へ行けたと思われる金額を使っている気がします。

それでも旅行より競馬。競馬が何よりの楽しみなので仕方ありません。
さあ初日は様子見て勝負しなくてはなりません。今日から張り切って
お金使いすぎないよう気をつけなくては3日間楽しめないですからね。

しかも明日は3歳牝馬のGⅠがあります。荒れるような予感がするので
思い切り穴に勝負賭けようと今から作戦を練ってワクワクしているので、
今日はとにかく控えないといけません。

でもいざ競馬場へ行くと明日の資金作りだと強気に出て勝負してしまい、
だいたいがやられて帰ってきて次の日お金を下ろすハメになるのが私のパターンです。
何せ3日ありますのでそういった事は避けるよう、小額でも当てて次の日の資金に出来ればと考えています。

今日から3日間満足できるよう頑張って勝負楽しみたいと思います。

宝くじを買う
日常で落ち込んだり、
楽しいことがあったりすると
運だめしで宝くじを購入することがあります。
特にロト6を購入することが多いです。

当たった時の事を想像して抽せん日まで
妄想しながら楽しく過ごせることが精神的にも潤いになっています。
好きな数字を選べるので、決まらない時は生年月日や記念日などを
絡めた数字を選ぶのですが、自分のその時の運だめし、おみくじのような感覚で購入しているので、
その場で選ぶことが多いです。

当たらないにしても数字が1つでもあったりするとラッキーな事が起りそうなそんな気持ちになります。
また、週に2回の抽せん日なので、一週間で400円でウキウキしたり楽しみな日が出来たりするのも嬉しいです。
ただ、定期的に購入してはいるのですが、めったに当たりません。

一度1万円くらい当たって喜び換金に行ったら、
宝くじ売り場の店員さんが当たりくじに驚かれたと言うことがあったので、
あまり当たらないものなのかな…としみじみ思いました。

でも買わないと得られないものもあるので、
身近に宝くじ売り場があったら、是非運だめしに。

お遊び程度のギャンブルはいいと思います
ギャンブルというとなぜかイメージ的にいいことはないのです。自分だけでしょうか。
世間的にギャンブルというと、のめり込んでしまって金銭的に厳しい状況というのがあります。

しかしそれはギャンブルを生活の一部にしてしまった人であって、
もちろんそうでない人がほとんどだと思います。
自分はギャンブルというのをしたことはほとんどありません。
したというと3回ぐらい宝くじとロト6を購入した程度です。
しかも自分がお金を出して親が購入してくるということだったので、
実際自分から店頭で購入したということはありません。

宝くじやロト6以外のギャンブルに興味があるかというと、
今のところは特にないです。
自分の知り合いのたまにパチンコに行く人が居ます。
その時は機嫌が良かったのかかなり儲けたということで
居酒屋でおごってくれると言っていたのですが、
都合が合わず結局は何もなしで終わりました。

知り合いと軽く遊び程度でギャンブルをするなら、
それはそれで付き合いということでいいのかもしれませんね。

父の野球賭博
ギャンブルと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、

私が子供のころに、父が会社の人たちとよくやっていた
高校野球の野球賭博ですね。

(やってはいけないことなのですが、もう20年以上前の話で、
すでに父も他界してますので…)
毎年夏休みになると高校野球のシーズンが始まり、

父が嬉しそうにチーム名が記された紙(今思えばあれは出走表のようなものですね)を片手に
プレイボールのサイレンが鳴り響くなか
テレビに噛り付いていたのを覚えています。
当時は景気もよくて(バブル期でした)、勝てば満面の笑みがこぼれ
負ければ悔しい顔はすれど、どこか嬉しそうにも見え、
本当にギャンブル自体を楽しんでいたんだなと思います。
目星のチームが勝てば、当時流行っていたガンダムのプラモデルを私に買い与えてくれたり、
中華料理屋さんに連れて行ってもらったりしていました。
なので、私自身も楽しい思い出となっています。

あのころはまだ時代も大らかでしたので、
お役所さんも、警察の方も、みな野球賭博に興じてましたね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ